2020.04.21 日記を書こう

今日は日記を書こうと思う。そして書きはじめた。

わたしは器用なので文章がそこそこ書ける。そうなると、ウケようとして文章を書いてしまう。そこには意識しようがしまいが、自己承認欲求がちらちら顔を見せる。同時に、面白い文章を読んでもらいたい、というサービス精神も含まれていることを弁明しておきたい。

だから今日はそうではない文章を書こうと思い、そして書いている。日記だ。noteではなくブログで書いているのは、文字通り「ログ」のつもりだからだ。

と、ここまで書いて、推敲して、ちょっとでもウケようとしていることに気づいて投げ出したくなっている。しかし書ききろう。

さて、近頃は意欲があんまりない。もちろん例の新型ウィルスの影響が大きい。肉体的は健康ではあるものの、いい気持ちではないじゃないですか実際のところ。外を歩いて、友人とおしゃべりをして、食事をして、そういう些細だけどフィジカルなことが、いかに大事であったか。

何より、それらを自由に選択できることが、いかに尊いことであったか。

インターネット、オンラインのコミュニケーションも好きだけど、それを選べることが素晴らしかったんだ。オンラインでコミュニケーションをせざるを得ない、という状況とは違いが大きいと感じる。

どちらかがどちらかに代替可能なものではない、という「いまさら」な気づきを得た。気づきや教訓など、何の役にも立たないから犬に喰われてしまえ。

わたしは誰も救えないし助けにもならないし、できることはあんまりない。だけど今日は日記を書ききった。