ベランダで育てる過程がとても楽しい #チューリップ の球根

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

どうも、クリハラ(@kurit3)です。春の定番、ユリ科チューリップ属のあいつが咲きました。

チューリップはかわいい花ですが、球根から育てて咲かせるとその喜びもひとしお。成長の一部始終をダイジェスト版でお送りいたします!おれのチューリップを見てくれ!!

4/7の様子


2016年の11月中旬くらいに植付けました。プラスチック製、深めの7合サイズの植木鉢で、球根は2つです。4月の初旬にはじわじわ出ていたのを確認していましたが、7日ほど様子を見て喜ぶのを待っています。見て見ぬふりをしておく。

4/18の様子

チューリップ葉

芽が出たということは、土の中の根は充実しているということです。ここまでくれば、気温の上昇とともにぐんぐん葉を伸ばします。何回見ても気持ちがいいですね〜〜

5/8の様子

チューリップ咲きはじめ

GWに家を離れていましたが、その間もすくすく伸びてついに蕾に色がついてきました。わたしはこのチューリップの蕾の状態がいちばん好きです。これから美しくなることが約束されている、しかし! 焦らす。ああぁ!

5/9の様子

そして翌日。開花を確認しました。フレーミング・スプリンググリーンという品種のチューリップです。カッコいい……

これから段々とグリーンの色素が抜けて、全体的にかわいさを出してくるはずです。

これからの課題

まだ満開じゃないのですが、ここまできたらもう楽しみ尽くした気がします。あとは天気にあわせて、パカっと開くのみ。花が終わったら、夏越しの準備をしてやります。夏越しに成功したことは無いのですが、今回こそは…!!

また来年も、このフレーミング・スプリンググリーンを咲かせてやりたいと思います。

2017,5 くもり