リバーサルフィルムをデジタル化するためにスライドアダプター的なやつをDIYするよ【超簡易】

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

リバーサルフィルムを現像してきました。(リバーサルフィルム – Wikipedia)使用フィルムは写真の左から2つ目、FUJIのトレビ100C。撮影はPENTAXのMZ-3。これをデータ化するため、超簡易的なスライド装置を作りました。用意するものは以下の通りです。

  • 牛乳パック
  • カッターナイフ
  • CanCamの自撮りライト
  • データ化する際のデジカメ

どこの家庭にも必ず1つはあるやつですね。さっそく作っていきましょう

簡易版コピースライドアダプタの作り方

1 牛乳パックの注ぎ口をカッターで切り離します。刃物の取り扱いには注意しましょう。

2 適当なサイズの窓(穴)を空けます。牛乳パックの柄などをガイドにすると真っすぐ切れます。フリーハンドで構いません。

3 CanCamの自撮りライトを用意します。発熱しない光源なのでホントに使える子ですよ。

4 牛乳パックの内側を照らす。

5 そして、こう。現像済のリバーサルフィルムを窓にのせる

するとあら不思議!
こんなに簡単な装置で、フィルムの確認ができちゃいます。

データ化しましょう

後はこれをデジカメで撮影して、補正して仕上げていきましょう。撮影機材は

  • SONY α77
  • TAMRON SP 60mm F/2 Macro

です。F3.5のISO800くらいで撮りました

上記の写真もトリミングして補正して、こんな感じです。高速バスから撮ったやつなので、ちょっとブレてるけど、まあまあいい感じじゃないでしょうか。

以下、作例です。

トリミングして1枚にするも良し、フィルムっぽさ出して仕上げるのも良し。

ゆうこりん(@KoriNnnnnn)がじっとしてくれるのでモデルとして優秀でした。※掲載許可済

1枚にしてもけっこうキリッとします。

Lightroomしゅごい

簡易的なスライドで読み込んでるので結構歪んだり、光源も一定じゃないのですが、Lightroomを使えば簡単にこれくらいになります。作品としてはどうかと思いますが、ブログとかSNS運用だったら充分ですね。リバーサルフィルム楽しかったのでまた使いたいなー

2017,2 晴れ