免弱男子にカプサイシンを注入する #ハクサイ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

免弱男子(めんよわだんし)よ、朝の発酵三種の神器を喰らえッ…! | hirakuogura.com

メンタル弱め男子かと思ったら、免疫力弱め男子でした。わたしの場合はどっちでも当てはまるのでいいんですけど。口内炎とノドの腫れはよくあることなのさ。

  • お味噌汁
  • 納豆かけご飯
  • キムチ

体温上昇×代謝促進×消化促進×抗菌×腸内環境改善=最強!

発酵三種の神器ということで、今朝さっそくやってみた。

ぽかぽかするよぉ

寒い朝に、がんばって布団から出る。雪平鍋を火にかけ、豆腐をさいの目に切るとき。鍋が沸騰して煮干しの香りが漂うと、彼らはお役御免だ。取り出し、豆腐を鍋に入れる。鍋が再び沸騰する寸前に、味噌(大さじ2)を入れ火を止める。味噌の分量が安定すれば、みそ汁の味が安定するので激しくオススメ。

この辺りで炊飯器からエーデルワイス(電子音)が流れる。炊きあがったご飯をしゃもじでおこして、蓋をしてしばし蒸らす。この間、味噌を溶く。納豆を混ぜるのはこのタイミングだ。納豆の準備ができてから、味噌汁(お椀にワカメを入れておこう)をよそい、ご飯を盛る。納豆には大葉を添えて。キムチも忘れずに。

全体的に「生きてるって最高!」的なご機嫌モードで生きていくことがデキる。

あたたかな朝食は良い。1回だけで劇的な変化は得られなかったが、少なくとも体温上昇は実感できたし、「生きてるの悪くないかも」的な気持ちになった。継続したい。

アブラナ科アブラナ属

ギュッと詰まった重量を感じさせるハクサイがわたしは好きだ。アブラナ属の植物なので、収穫せずに放っておくと黄色い花(→いわゆる菜の花)が咲く。旬は冬。霜が降りた白菜は甘みが増して特に美味しい。

鍋野菜の定番ハクサイは、中国が原産地とされている。その他の文化・文明と同様に朝鮮半島を経由して日本にやってきた。朝鮮半島でハクサイと言えば、今朝の名脇役キムチだ。日本のスーパーで一般的に手に入るキムチは、本場の乳酸発酵させたキムチと味が違うそうだ。日本の浅漬風キムチも好きだが、いつか本場のキムチを食べてみたいものだ。

カプサイシン!

2016,2 くもり

追伸1
チェコ好き (id:aniram-czech)さんはハクサイが好きというのを読んで、とても親近感を持ちました。
【日記/22】白菜的幸福論|チェコ好き|note
【日記/24】ふしぎなおかね|チェコ好き|note

追伸2