信州産アンズを収穫して、ブランデーベースの果実酒を手作りしました #おしり

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

アンズ水滴

どうも、クリハラ(@kurit3)です。

先日、アンズを収穫してきました。品種名はよくわからないのですが、実がしまったステキなおしりみたいでした。

バラ科サクラ属アンズ

アンズ農園

ウメやスモモに近い仲間ですね。元気の良いオレンジ色の実は、濃いみどりの葉の中にあって、ひときわ美しいアクセサリーの様でした。

ちょうど雨上がりに行ったので、ツヤツヤみずみずしい様子でした。

アンズおしり

脚立に登って収穫しますが、けっこう大変な作業でした。自家用なのであまり気をつかわず、熟したものから採っていきます。オレンジ色にほんのり赤みが入ってくると完熟のしるし。美しい(おしり)

アンズ収穫

このたくさん採れたアンズ、そのまま食べたり、ジャムやコンポートなどの加工品にして楽しむことができます。わたしはもぎたて(おしり)をひとつ丸かじりして、あとは果実酒を作ることにしました。

Home made Apricot liqueur(あんず酒をしこむ)

ブランデー仕込み

  • アンズ 300g
  • 氷砂糖 300g
  • ブランデー 640ml
  • ガラス密閉容器 1.5Lサイズ

果実酒はホワイトリカー(焼酎)で漬けるのが一般的ですが、ブランデーでやっても美味しいと農家さんに聞いたので、真似してみました。

つくり方の動画を撮りました

レシピ動画というほどのこともないですが、撮影してみました。4:30くらいのブランデーを注ぐ音だけでも聞いて欲しい!

ひとことで言うと、アンズとお酒と氷砂糖を、清潔な瓶にぶち込む。という簡単な作業です。これを3ヶ月くらい冷暗所で保管、じっくり抽出したら飲み頃です。

あとは放っておくだけ(たまにかき混ぜる)で美味しくなるので、とても簡単!炭酸とレモンでハイボールっぽく楽しみたいです。

2017,7 くもり