好きなのに、何故好きなのか伝えられなくて〜2015初夏〜

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「なんで植物が好きなんですか?」
って聞かれたので、
『逆になんで植物が好きじゃないの?』
って答えてドヤ顔したんですが、全然質問の答えになってないよね。
本当に申し訳ない

植物が好きで、室内やベランダで一緒に暮らしている。畑を借りて野菜を作り、街路樹に黄昏れて、他人の家の庭をチラ見しながら日々を送っている。にもかかわらず”なぜ植物が好きなのか”という当然想定すべき質問に答えられない。伝えられない
悔しいことです

発芽の喜び、成長する葉の清々しさ、花の美しさや儚さ、収穫の美味しさなどなど、通り一遍に表現するとそんな感じです。だが、それは植物の持つ魅力だ。わたしは、植物と一緒に暮らすことを記録していきたい。
部屋にあるガジュマルが、ベランダのミニバラが、畑の枝豆が、わたしの生活にどんな影響を与えたのか(また、大して影響しないのか)、そんな、植物たちにとってはどうでもいいことを書いていこうと思う。

2015,6 曇り